サッカーJリーグ、2017シーズンを前に、諸々の確認 -参加チーム編(大宮〜川崎)-

日本の国内サッカーの最高峰、Jリーグ開幕が迫っている。
今年のJリーグはJ1が2月25日、J2は翌日26日、J3は少々間を開けて3月11日に開幕し、12月までの長いシーズンを戦うことになる。

・参加チームについて
参加チーム数は前年度同様の18チーム。 ホーム・アンド・アウェーによる全34節となる。
16年に参加していた福岡・湘南・名古屋の3チームがJ2へと降格。 入れ替わりとして札幌、清水、C(セレッソ)大阪がJ1へと昇格した。
ここでは筆者から見た、J1所属各チームの状況を簡単に取り上げたいと思う

・大宮アルディージャ
J1年間5位。
2016年、最も飛躍したクラブと言えるかもしれない。
MF家長昭博・MF泉澤仁を流出したが、MF長谷川アーリアジャスール・FW大前元紀と言った代表クラスの補強に成功した。
注目選手はMF瀬川祐輔。群馬から獲得した新選手だが、同じような経歴を辿り昨季ブレイクした先輩・FW江坂任と同様活躍出来るか。

・柏レイソル
J1年間8位。
ユース出身の若手選手を中核とする、世代交代の最中のクラブ。
中堅・ベテランから流出が相次いだ為、若干層が薄くなった印象は否めないが、残る若い選手達が経験を積む好機を活かせれば上位進出のチャンスはある。
注目選手はGK中村航輔・DF中谷進之介・DF中山雄太。 3Nと呼ばれる若き守備の要達が更なる成長を遂げる年になるか。

・FC東京
J1年間9位。
代表級選手を多く抱えるも、いまいち勝ち切れないという印象の強いクラブ。
選手の入れ替わり、特に加入した日本人最多得点記録を持つFW大久保嘉人がどれだけ勝てるクラブの空気を吹き込めるかがポイントか。
注目選手はFW大久保嘉人。自身の持つ最多得点記録の更新は勿論だが、有望株が多いクラブにどれだけ自身の経験を伝えられるかも期待が集まる。

・川崎フロンターレ
J1年間2位。チャンピョンシップ一回戦敗退。
長年指揮を執った風間監督がチームを離れ、鬼木監督の元で新体制となった。
絶対的エースストライカーであったFW大久保嘉人の移籍により得点力の低下は危惧されるが、補強した選手がフィットすれば穴埋めは可能だろう。
注目選手はMF中村憲剛。 昨季JリーグMVPを獲得した36歳のベテラン司令塔がチームをどう導くか、注目したい。すっきりフルーツ青汁 お試し